2009年05月11日

断食ダイエットの方法

一定期間、自発的に食事をしないことで体重を減らすダイエットが、断食ダイエットとなります。

ダイエットのために断食をするという理屈はわかりやすいですが、断食によって体重を減らしその状態を維持するのはなかなか大変です。

たいていの断食ダイエットのメニューは、全行程が終了するまでに48時間がかかります。

例えば、金曜夕方から日曜日中までで断食ダイエットを行います。

平日に日常生活を送りながら断食をすることは難しく、付き合いや食事の制約がありますので、やりにくいようです。

断食ダイエット中に口にしていいものや口してはいけないものは、ほとんどのプランで合致していますが、細部が違います。

ある断食ダイエットの方法は、金曜日の夜は腹6分目の食事で済ませます。

断食の本番は土曜日で、昼と夕はすまし汁、他は水を摂取する以外は何も口にせず断食をします。

粥を日曜日の朝食に食べて、以後は徐々に通常食に戻すというものです。

この他には、プレーンヨーグルトと果汁100%ジュースで行う断食ダイエットもあります。

これは金曜夕から日曜昼までをヨーグルトとジュースのみで過ごすというものです。

断食ダイエットの変わり種には、下剤を使うというダイエットもあります。

この他にもいくつか断食ダイエットプランはありますが、ダイエットのために行う基本は1つです。

短期間の間、食事をせずにカロリー摂取をほぼ無くし、それによって一時的に体内のカロリー供給を落としてダイエットを狙うということです。
posted by danjikidai at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。